唱歌と童謡を歌う

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

船頭小唄

船頭小唄

♫ おれはかわらの かれすすき ♪

f:id:ori-iro:20200126111544j:plain

 

 

f:id:ori-iro:20200615044809p:plain


     船頭小唄            作詞:野口 雨情
                     作曲:中山 晋平


1 おれはかわらの かれすすき  : 俺は河原の 枯れすすき
  おなじおまえも かれすすき  : おなじお前も 枯れすすき
  どうせふたりは このよでは  : どうせ二人は この世では
  はなのさかない かれすすき  : 花の咲かない 枯れすすき

2 しぬもいきるも ねえおまえ  : 死ぬも生きるも ねえお前
  みずのながれに なにかわろ  : 水の流れに 何変わろ
  おれもおまえも とねがわの  : 俺もお前も 利根川の
  ふねのせんどうで くらそうよ : 船の船頭で 暮らそうよ

3 かれたまこもに てらしてる  : 枯れた真菰に 照らしてる
  いたこでじまの おつきさん  : 潮来出島の お月さん
  わたしゃこれから とねがわの : わたしゃこれから 利根川の
  ふねのせんどうで くらすのよ : 船の船頭で 暮らすのよ

4 なぜにつめたい ふくかぜか  : なぜに冷たい 吹く風か
  かれたすすきの ふたりゆえ  : 枯れたすすきの 二人ゆえ
  あついなみだの でたときは  : 熱い涙の 出たときは
  くんでおくれよ おつきさん  : 汲んでおくれよ お月さん

5 どうせふたりは このよでは  : どうせ二人は この世では
  はなのさかない かれすすき  : 花の咲かない 枯れすすき
  みずをまくらに とねがわの  : 水を枕に 利根川の
  ふねのせんどうで くらそうよ : 船の船頭で 暮らそうよ


1921年(大正10年)に「枯れすすき」として作詞、作曲され、翌年に「船頭小
唄」として発表されました。

f:id:ori-iro:20200126111710j:plain

その後何人かの歌手によってレコード化され、映画にもなりました。
またこの歌の大流行中に「関東大震災」(1923年9月1日)が起こっています。

昭和中頃には俳優・歌手の「森繁久彌」が彼独特の歌い方でヒットしました。




HAPPY BIRTDAY!!うれしい記憶がいつまでも残る、とっておきのフラワーギフト
 
 
 お誕生日に幸せの笑顔がこぼれる「バースディキューブ」 ☆

日比谷花壇_毎月楽しむお花のある暮らし特集