にっぽんのうた

著作権のない童謡・唱歌などをお聞きいただけます。

名月赤城山

名月赤城山

 

♫ おとこごころに おとこがほれて ♪

f:id:ori-iro:20200226144633j:plain


 

f:id:ori-iro:20200618182020p:plain

      名月赤城山          作詞:矢島 寵児
                     作曲:菊池 博

1 おとこごころに おとこがほれて  : 男ごころに 男が惚れて
  いきがとけあう あかぎやま    : 意気が融け合う 赤城山
  すんだよぞらの まんまるづきに  : 澄んだ夜空の まんまる月に
  うきよよこぶえ だれがふく    : 浮世横笛 誰が吹く

2 いじのすじがね どきょうのよさも : 意地の筋金 度胸のよさも
  いつかおちめの さんどがさ    : いつか落目の 三度笠
  いわれまいぞえ やくざのはてと  : 云われまいぞえ やくざの果と
  さとるわらじに ちるおちば    : 悟る草鞋に 散る落葉

3 わたるかりがね みだれてないて  : 渡る雁がね 乱れて啼いて
  あすはいずこの ねぐらやら    : 明日は何処の 塒やら
  こころしみじみ ふくよこぶえに  : 心しみじみ 吹く横笛に
  またもさわぐか よわのかぜ    : またも騒ぐか 夜半の風


3番
雁(かり)がね = 雁が音 ⇒ もとは雁(がん)の鳴き声を表していましたが、いつし
か雁が飛んでいる群れ、雁そのものを指すようになりました。

1939年(昭和14年)に発表されました。

f:id:ori-iro:20200226144935j:plain

歌手の「東海林 太郎」が歌って大ヒットしました。
「美空ひばり」「ちあきなおみ」など多くの歌手にも歌い継がれ、現在では「島津亜
矢」が見事に歌いこなしていることは、演歌好きの方ならご承知のことでしょう。  



童謡・唱歌などのCDや本のご紹介です。
 

子供と一緒に歌ったりギターで弾いたり、リラックスして聞きながらの
お昼寝など
ご家族でお楽しみいただけます、ぜひご覧ください。

楽天市場 で見る    Amazonで見る    Yahooショッピング で見る